1日2食 おやつ

食事は2回、おやつを食べる人のダイエット

 

おやつタイムは毎日の楽しみですよね

まずは食事、つぎにおやつの内容をチェックしよう

 

朝食を摂らなかったり、朝昼兼用のブランチだったり、1日2食しか食事を摂らないという人も多いはず。
それにプラスして「おやつタイムは外せない!」という人は特に女性には多いかもしれませんね。

 

2食+おやつの習慣の人がダイエットをする場合は、食べるものの内容を変えてみるのがおすすめです。

 

ダイエットシェイクや酵素ドリンクに食事を置き換える「置き換えダイエット」も、3食のうち1食ならばなんとか持ちこたえられるけれど、2回しかない食事の1回を置き換えてしまうと、生活の張り合いがなくなったような気になってしまうことも。

 

ダイエットをする!と意識をもったならば、1に食事内容、2におやつの内容を確認してみましょう。


 

食事とおやつの中身を確認してみよう

2食の食事、野菜もたっぷり食べてる?

 

ダイエットをしたいと思うと、食事量を減らすことをまず考えてしまいますが、栄養バランスを考えて内容を改善するのが最も成功しやすく続けやすいダイエット方法です。

 

ビタミンやミネラル、不足していませんか?

 

極端な例でいえば、お昼にハンバーガーとポテトにシェイクを食べるのと、ライ麦パンと山盛りサラダに目玉焼きを食べるのではお腹の満たされ具合は同じでもビタミン・ミネラル、食物繊維、酵素などの量が大幅に違います。

 

炭水化物(糖質)や脂質はカロリーが高く、使われなかったエネルギーは脂肪として蓄積されるのはご存知の通り。
一方、ビタミンやミネラルは体の調整のために働く栄養素です。
さらに「第6の栄養素」といわれる食物繊維は腸の健康・デトックスに欠かせないもの。また酵素も代謝や消化などに必要不可欠です。

 

空腹を我慢することがダイエットではありません。

 

何を食べるか、というのが美容と健康のために最も重要なポイント。
今食べたものが半年後のあなたの体を作るということを頭において、食事を見直してみましょう。

 

 

おやつの食べ過ぎは太って当然!満足感をしっかり感じよう

 

1日2食だと、午後の2時〜4時頃お腹がすいてしまい、おやつタイムが習慣になっている方も多いかもしれませんね。
ダイエットをしたいけれど、おやつがやめられない・・・という方は、無理しておやつをやめる必要はありません。

 

でも、ダイエット中におやつを食べることに罪悪感を感じてしまうようなら、おやつを置き換えダイエット食品に置き換えてみるというのも1つの方法です。
ダイエットシェイクなどのダイエット食品は、栄養バランスを考えて作られているため、ケーキやクッキー、おせんべいでは摂れないビタミンやミネラルもしっかり含まれています。

 

そのほかのおすすめは「酵素ドリンク+豆乳」「ヨーグルト+青汁」
夏などは、これらを凍らしてアイスにすることで、食べるのにも時間がかかり、満足感がアップします。

 

酵素ドリンク+豆乳

 

「1口食べると加速がついて、もっと食べたくなる!」という人は、そこで一呼吸おくクセをつけるようこころがけて。
これだけじゃ足りないと思っても、青汁ヨーグルトを食べ終わって、10分経つと、それだけでも案外満たされているのがわかります。
最初はこの10分が辛いかもしれませんが、ダイエットのために身につけたい習慣です。

 

 

 

page top